1. アイディエーション
  2. 事業化検討審査
  3. 課題検証
  4. ソリューション検証
  5. PoC実施審査
  6. MVP開発・PoC準備
  7. PoC
  8. 事業検討継続見極め
  9. 事業計画作成
  10. 事業計画審査
  11. サービス開発
  12. 出荷審査
  13. サービスリリース審査

事業が目指していることは何か

Tomory事業では、「子育て応援」に関するサービスを開発しています。

本サービスを利用することで、お父さん、お母さんを問わず親子のコミュニケーションを誘発できます。 その結果として、持続可能な開発目標である下記のSDGsの解決に貢献します。

  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

事業がどんな体制で進んでいるか

2021年9月時点で、事業の体制は以下のようになっています。

  • 社員2名
  • ビジネスパートナー
    • アプリケーションUIデザイン、アプリケーション開発

アプリケーションUIデザイン、アプリケーション開発以外の業務(企画やマーケティング、営業や広報、法務・知財等)はすべて社員2名で賄っています。 うち1名は実際のターゲットにもなっている2児の子育てママが時短勤務の中で事業化に向け奮闘しています。 このように、短期間少人数にも関わらず、順調にプロセスを進めています。

トレイルがどのプロセスからスタートしているか

Tomoryはステージ・ゲートプロセスに則って事業を進めています。

2021年6月にアイディエーションから進め、2021年10月現在、MVP開発・PoC準備を行っています。


本コンテンツはクリエイティブコモンズ(Creative Commons) 4.0 の「表示—継承」に準拠しています。