Fintan

コンテンツ一覧

  • arrow_forwardコンテンツ一覧

Fintanのコンテンツの一覧です。
分類はSWEBOK V3.0にもとづいて行っています。

ソフトウェア要求
  要件定義フレームワーク 業務/システム要件定義の進め方、成果物、活用技法、ノウハウを体系的かつ実践的なレベルにまとめたガイドラインです。
要件定義基礎研修テキスト 実践的な要件定義知識やテクニックを解説した資料です。
ソフトウェア設計
  アプリケーション方式設計書サンプル アプリケーション方式設計の成果物となるアプリケーション方式設計書のサンプルです。
Nablarch アプリケーション設計標準 UI標準、DB設計標準等のアプリケーション設計に必要な標準文書です。
※「Nablarch開発標準」に含まれています。
Nablarch 設計書フォーマット&サンプル アプリケーション開発時に使用する設計書フォーマットとサンプルです。
※「Nablarch開発標準」に含まれています。
Nablarch ETLデザイナー SQLとBeanの作成、そしていくつかの設定を行うだけで、 バッチを作成できるNablarch ETL機能を、さらに使いやすくするためのツール。
SPA+REST APIのシステム構成例(AWS) クラウド上に構築したSPA+REST APIのシステム構成を事例としてまとめたものになります。
SPA+REST APIにおけるセッションを使った認証の実践例 SPA+REST APIで構築したシステムの認証方法を事例としてまとめたものになります。
モニタリング、監視、ログ収集の実践例(AWS) クラウド上に構築したシステムの、メトリクスの収集から監視、ログの収集の実践例をまとめたものになります。
Reactを使ったフロントエンドのアーキテクチャ事例 Reactを使ったフロントエンドのアーキテクチャを事例としてまとめたものになります。
ヘキサゴナルアーキテクチャ導入事例 ソフトウェアアーキテクチャの1つであるヘキサゴナルアーキテクチャを導入した結果を事例としてまとめたものになります。
ソフトウェア構築
  Nablarch コーディング規約 品質、生産性、保守性の向上を目的とした、プログラマーが遵守するべきコーティング規約です。
※「Nablarch開発標準」に含まれています。
Nablarch アプリケーションフレームワーク 金融・クレジットカード業界におけるTIS株式会社の豊富な基幹システム構築経験から得られたナレッジを集約したJavaアプリケーション開発/実行基盤です。
PG・UT作業の完了条件チェックリスト Javaを使ったシステム開発において、PG・UT作業の完了条件を開発者が確認するためのチェックリストです。
プログラマー向け成果物セルフチェックリスト Javaを使ったシステム開発において、コーディング規約違反などの単純なコーディングミスをしていないかを開発者自身が確認するためのチェックリストです。
サービス開発のエンジニアリングガイド サービス開発のエンジニアリング部分を担うエンジニアに対して、開発開始前・開発中になにをすべきか、なにを参照すれば良いかを示したガイドです。
Springアプリ開発ノウハウ集 Spring を活用してアプリケーションを構築する際に必要となるノウハウを提供します。
特に、アプリケーションを開発する際に公式ドキュメントやWeb上から実装方法を見つけることが難しく、躓きやすい点についての情報を中心に提供します。
StrutsからSpring MVCへのマイグレーション事例 あるプロジェクトにおけるフレームワークのマイグレーションを事例としてまとめたものになります。
Android開発におけるモジュール化手法 Android案件の過程で得られたモジュール化に関する知見をまとめたものになります。
ソフトウェアテスティング
  全体テスト計画ガイド アプリケーション開発プロジェクトの、全体テスト計画で検討すべきトピックを解説したコンテンツです。
テスト種別&観点カタログ アプリケーション開発で使用可能なテストの種別と観点を整理したカタログです。
Nablarch 単体テスト標準 単体テストのテスト方針および観点を明確にし、アプリケーションプログラマごとの品質のばらつきを抑制することを目的とした標準およびサンプルです。
Nablarch テスティングフレームワークの利用を前提としています。
※「Nablarch開発標準」に含まれています。
Nablarch テスティングフレームワーク Junitベースの自動テストフレームワークです。
Excelにテストケースやテスト結果を定義することができます。
結合テスト自動化事例 社内で利用可能なQAサービスに対して、自動テストを導入する過程を事例としてまとめたものです。
性能テスト自動化事例 あるプロジェクトにおける性能テストの自動化への取り組みを、事例としてまとめたものになります。
ソフトウェア構成管理
  構成管理およびリリース管理の成熟度モデル 自組織の継続的デリバリーの状況を成熟度の観点で評価し、改善につなげるためのモデルです。
Collaborage クラウド上にチーム開発環境を素早く作るテンプレートです。
Redmine、GitBucket、Jenkins等のチーム開発環境が構築されます。
AWSの開発者用ツールを活用したCI/CD構成例 AWSの開発者用ツール(AWS CodeCommit、AWS CodeBuild、AWS CodeDeploy、AWS CodePipeline)を使用したCI/CDの実践例をまとめたものになります。
Azure DevOpsを活用したCI(ビルドパイプライン)の構築例 Azure DevOpsを活用してCI(ビルドパイプライン)を構築した実践例をまとめたものになります。
ソフトウェアエンジニアリング・マネジメント
  フルスタックエンジニアの成熟度モデル フルスタックなエンジニアを目指すにあたって、対象とする分野やランク・レベルを定義して指標化した成熟度モデルです。
フルスタックエンジニア育成に関する取り組み 社内におけるフルスタックエンジニアを育成するための取り組み(施策)をまとめたものです。
インセプションデッキサンプル インセプションデッキは10個の質問と答えから構成されており、プロジェクトの概要、方針、ゴールを明確にして、各自が適切な行動を選択出来るようにします。
クライテリア項目一覧/利用ガイド PJのクライテリアの審査項目の一覧です。
マネジメント活動を健全に機能させ、リスクの早期発見、問題拡大の未然防止を図り、PJを成功に導く道標になります。
アジャイルアセスメントシート アジャイルな開発を行っているチームのアセスメントを行います。
ワーキングアグリーメント ワーキングアグリーメントとは、メンバー全員で作り上げるチームの規範です。
「自分たちで作って、自分たちで守る」ことにより自律したチームとなる一歩となります。
タスクボード運用ガイド スクラム開発へのタスクボードの速やかな導入、効果的な運用を促進するためのガイドです。
タスクを可視化し、共有することでタスクの偏りを防ぎます。
スキルマップ運用ガイド 開発プロジェクトへのスキルマップの速やかな導入、効果的な活用を促進するためのガイドです。
スキルを可視化することにより、リスクの早期発見やコミュニケーションの円滑化につなげます。
複数ロケーションに跨るチームでのリモート開発実践ガイド リモート開発を円滑に進めるために必要となるマインドセットと、そのマインドセットを実際の行動に移すためのプラクティスをまとめたガイドです。
複数ロケーションに跨るチーム向けの開発環境・実行環境のスタック 複数ロケーションに跨るチーム向けの開発環境・実行環境のスタックを具体的な活用方法も含めて紹介します。
Azure Boardsを使用したスクラム実践例 Azure Boardsを使用してスクラム開発を実践した事例をまとめたものになります。
ソフトウェアエンジニアリングプロセス
  ウォーターフォール開発における役割分担シート ウォーターフォール開発に必要な作業を漏らさないことを目的として役割分担を決めるシートです。
担当間の認識の相違をなくし、リスクの早期発見、問題拡大の未然防止を図ります。
Nablarch 開発プロセス標準 Nablarchを使用したシステム開発における標準WBSです。
※「Nablarch開発標準」に含まれています。
スクラム概論 スクラムの概念や考え方を説明した資料です。
最初のスプリント開始前に、予めお客様やチーム内に共通認識を作ることで、認識違いによるプロジェクト停滞を防ぎます。
スクラム開発プラクティス集 スクラムで実際に発生した課題と解決方法をまとめた一覧です。
スクラムの計画時や困った時にヒントを与えてくれます。
スプリント開始条件チェックリスト スプリント開始前に決めておくべきことのチェックリストです。
最初のスプリント開始前に実施することで、プロジェクト停滞を防ぎます。
スプリント運営ガイド スクラムのチーム運営(スプリント計画の立て方、進め方)を説明したガイドです。
スプリントの計画/レビュー/振り返りを迷うことなく進めることを助けます。
スプリントの見通し確認ガイド スプリントの見通しを確認・手助けするためのガイドです。
Doneの定義 Doneの定義は、プロダクトやタスクに対する明確な完了条件の集合です。
出荷条件を明確にすることで、成果物の透明性を確保し、それをチームで共有することで、メンバー間での品質のばらつきを防ぎます。
プロダクトオーナーの役割 スクラム開発におけるプロダクトオーナーの役割を説明した資料です。
スクラムマスターがプロダクトオーナーに対して、この資料を使って説明することを想定しています。

TIS株式会社
個人情報保護方針 個人情報の取り扱いについて 情報セキュリティ方針

Copyright 2018 TIS Inc.keyboard_arrow_up